遺伝
      遺伝 since 2014 

メニュー
遺伝による引き起こされる病気って?

精神疾患も遺伝によって引き起こされる?

ハゲも遺伝する?

遺伝子治療って?

遺伝による子供への影響

そもそも遺伝って?

よく親の遺伝という言い方をしますよね。
顔が似ている、太っているなどの体の外見のほかに、
性格や考え方などに関しても親の遺伝だからという言い方をします。
しかし、そもそも遺伝とはなんなのでしょうか。

まず、生物学の基礎知識として、
子供は両親の染色体が結合して新たな生命体となるため、
双方の親の染色体が持つ遺伝子を元に形成され、成長していきます。
遺伝子の中にはそれぞれの細胞を形成する情報が記憶されているため、
容姿や体の構造、脳内の結合構造などの部分が染色体の情報に基づき形成されるのです。

その為、生物学的な親子による影響の基礎知識に照らしても、
親や親族に容姿や考え方が似るということは自然なことです。

因みによく『男の子は母親似で女の子は父親似』といわれていますが、
これは全く科学的根拠がありません。

しかし、もう一つの基礎知識として、
幼児期における教育の影響も見逃すことはできません。
動物は幼児期に将来生きていくために必要な行動技術や考えかたを
効率的に習得する能力が備わっています。

大きくなるにつれその能力が減退してしまうのですが、
この能力が備わっている時期に生活を共にする大人が親であるために、
親のすることや親の言動を無条件に習得してしまうのです。
その為、遺伝子的な要素が無くても、考え方や高度パターンが親に似てしまうのです。

このように容姿や性格などは遺伝からくるものと、
双方の親の環境からくるものがあります。
100%遺伝からということではありません。


遺伝 since 2014 


Copyright (C) 遺伝 All rights reserved.